ラグには

ラグにはその部屋に最適な機能や素材がありますから、それを見極めなければなりません。一口にラグと言っても、素材も肌触りも模様も様々なものがあります。価格も当然異なってきますので、予算に合わせたラグ選びも必要です。また、同じ素材を使ったとしても、テクスチャーで肌触りなどが変わります。ループは円を描くようにしたデザインですね。まず、ラグの役割を考えてみましょう。

部屋に合わせることが大切なのです。ラグの素材としては、綿、ポリエステル、ウール、アクリル、シルク、ナイロン、麻などたくさんの種類があります。もちろん、広さやそこで生活する人の人数にも合わせなければなりません。もちろん、床を傷つけないための保護材としての役割も求められます。ダイニングではチェアを移動させる時の音が重要となります。

リビングとダイニングではそこに求められるインテリアが異なってきます。平織は強度がメリットですから、家具の下に敷く保護材としての役割があります。リビングで生活する時の様式に合わせて素材を選びます。椅子を使わない時にはこれらのことをあまり意識する必要はありませんね。これによりラグの素材は大きく変わります。

ラグとは部屋の中に敷く敷物全般を指しています。適当なサイズではなく、マッチしたサイズも大事ですね。インテリアの一部としてラグを考えることが大切です。つまり、ラグも変わってくると考えるべきです。床に座ることを前提とするか、ソファなどに座るかと言うことです。


実例

さて、実例をピックアップしましょう。手作りのファブリックボードもいいですね。ちょっとした飾り付けが部屋の雰囲気を大きく変えてくれます。もちろん、家族構成によって雰囲気は大きく異なります。木枠に布を張り付けるだけでできますから挑戦してみませんか。カフェですから、テーブルとチェアが重要ですね。

自分の部屋ですから、お気に入りを並べておくことも大切ですね。パソコンをリビングに置くスペースも大事ですね。もちろん、自分がイメージするカフェでいいのです。リビングの壁を飾るのにファブリックボードを考える人もいるでしょうが、意外と高価です。コザコザしたものは収納ボックスと眼隠しで、すっきりとしましょう。

リビングの実例を見ることで、非常に参考になるのですが、それはあくまでも参考に過ぎません。実際の部屋を見ると、いろいろと気づかされることがあります。シックな木目調が雰囲気を出してくれます。リビングは寛ぎのカフェをイメージしたお部屋です。部屋の広さに合わせて、小さなカフェ空間を作り出しています。

自分の部屋は自分の感性で作り上げればいいのです。また、インテリアとしての照明も大事ですね。リビングのインテリアを考える時に、どうしてもイメージがわかないと思う人は多いでしょう。そこでインターネットでリビングの実例を見てみましょう。部屋の広さに合わせて家具を選ぶとか、素材を考えるなど、自分のこだわりを持っている人が多いのですね。

相互リンク