2種類のプランから選ぶ

代表的なものをいくつか紹介していきます。ライフスタイルに合わせて2種類のプランから選ぶことができます。旅行会社の積立プランを利用して行う貯蓄方法です。積立金額は月々3,000円から選ぶことができます。銀行などで積み立てをするよりも旅行積立を利用した方が断然お得です。 積立金額は5,000円からとなっています。積立期間は6ヶ月から最大60ヶ月までとなっていて自由に設定することができます。もう1つは「定期積立プラン」で定期的に積み立てを行っていくものです。旅行会社の「JTB」が行っている「たびたびバンク」です。「近畿日本ツーリスト」が行っている「旅したく」です。 1つは「フリープラン」で気軽に貯めることができるタイプです。定期積立プランの場合は、年利換算が1.75%となっていてさらに一時払いがあります。例えば2年間で目標金額を10万円と設定したとします。フリープランの場合は、年利換算が1.50%となっていて旅行のときにはいつでも支払いすることができます。満期になるとツーリスト旅行券と交換して、パッケージ旅行や航空券、乗車券、宿泊券などに使うことができます。 貯蓄目的が旅行のためと決まっているのならば、「旅行積立」を利用するという貯蓄方法があります。積立金額も積立期間も自由に決めることができます。定期が満期になったときに「たびたびバンクカード」として旅行代金の支払いをすることができます。この場合月々の積立金額は4,092円となり、2年間で1,792円分がサービスとしてもらえる金額になります。


HIS

年利は6ヶ月から1年未満が1.6%、1年から2年未満が1.8%、2年から5年未満が2.2%、5年が2.45%となっています。「JAL」にも「旅行積立プラン」があります。「ANA」の「旅行積立プラン」です。年利は2.5%です。日本旅行の主催旅行だけではなく、航空券やJR券や私鉄券、宿泊券などにも利用することができます。1年積立では最大3%の年換算金利がつきます。満期になると一定の付加額がプラスされて、「ドリーム旅行券」と交換になります。 ANAではリピート特典があります。お得な旅行積立プラン、続いては「日本旅行」の「ドリームプラン」です。積立期間は12ヶ月から60ヶ月の中で自由に設定することができます。プランには「毎月払いコース」と「一時払いコース」の2つがあります。毎月3,000円から始められる毎月払いコースとボーナス併用コースと一括払いコースがあります。積立金額は10万円以上となっていてその後は1万円単位で設定することができます。また国内や海外にあるJALホテルズや機内販売にも使うことができます。 日本全国の日本旅行や日旅サービスの店舗で利用することができます。月々3,000円から積み立てすることができます。海外旅行や国内旅行などANAを利用して旅行する予定のある人、あるいはANAの旅行プランでいいものの目星をつけてある人は旅行に向けての貯蓄方法として最適だと思います。航空会社が行っている積み立てもあります。JALグループの航空券、JALパックの海外ツアーやJALツアーズの国内ツアー、JMBツアーなどの各ツアーに利用することができます。満期になってから6ヶ月以内に再度契約すれば契約金額の1%分の旅行券をプレゼントしてもらえます。満期になるとANAの旅行券と交換することができます。 格安旅行で知られる「HIS」には「貯めチャオ」があります。旅行に行くならお得なプランを探すことはもちろんですが、お得な貯蓄方法を利用して少しでも得して楽をして行きたいものです。積立期間は12ヶ月から60ヶ月の中で自由に設定することができます。手配旅行や航空券、宿泊プランなどに利用することができます。積立期間に応じて年利が1.50%?3.0%まであります。積立期間は6ヶ月から60ヶ月の中で自由に設定することができます。


貴金属

資産運用の方法として、資産の一部を「金」に変える人も多くなってきているそうです。ぜひこの機会に、「金」についてチェックしてみてください。「三菱商事」では「GP@積立くん」を行っています。年会費が1,050円で、購入手数料が1,000円ごとに25円かかります。年会費は3,150円で、購入手数料は無料となっています。銀行の窓口で直接相談できるため便利です。 大きく得をするときもありますが逆に大きく損をすることもあります。外国為替を利用した貯蓄方法をしている人も多いと思います。等価交換できるジュエリーなどが充実しているのが特徴です。「三菱マテリアル」では「マイ・ゴールドプラン」を行っています。純金積立は毎月3,000円から行うことができます。年会費は1,260円で、購入手数料が1,000円ごとに25円かかります。 「田中貴金属」では「純金積立」と「プラチナ積立」を行っています。ここではいくつか「金」の積み立てプランを紹介します。資産を「金」に変えて保管しておくという貯蓄方法を実践している人もいるそうです。購入手数料が無料なため積立金額が多い人ほど得をします。「三井住友銀行」では「ゴールド&ジュエリーコース」を行っています。「金」を使ったお得な貯蓄方法があることをご存知でしょうか。 オンライントレードすれば年会費はゼロです。その点「金」の価格は安定していて大きく損をするということがありません。しかも近年、「金」の価格はかなり上昇しています。「金」の場合「株券」などとは違って「金」自体に価値があるので、価値がゼロになってしまうなどということはありえないのです。年会費が840円で、購入手数料が1,000円ごとに25円かかります。しかし外国為替は金額の変動が激しいのが難点です。

相互リンク