貯金箱の使い方

1つ目は1年間通して行う方法です。そして翌月また1日になったら1円から始めていきます。2日には2円、3日には3円と入れていきます。家の中のよく見える場所に貯金箱を置いておいて、入れられるときに入れるようにする。それが一般的な貯金箱の使い方ですが、いつでもいいから入れるとしておくとなかなか入れられずお金も貯まりません。 3つ目は画用紙か厚紙を使う方法です。1月1日には1円を貯金箱に入れます。最も手軽にできる簡単な貯蓄方法、それは「貯金箱」を使う方法だと思います。いつから始めてもいいのですが、キリのいいところで元旦から始めるといいと思います。例えば今日35円入れたら、数字の「35」を塗りつぶしてください。 2つ目は同じく1年間通して行う方法ですが、1ヶ月単位に仕切って行うものです。毎日貯金箱にお金を入れて、入れた金額の数字を色で塗りつぶしていきます。1年間毎日1円ずつ増やしていって、大晦日には365円入れるというわけです。色を塗りつぶしていくことから、ゲーム感覚で楽しんで貯金できるため続けやすいと思います。1つ目の方法より貯蓄額は少なくなりますが無理なく続けやすい方法だと思います。 月の始めから行います。そこで貯金箱を使ってお金を効率よく貯められる貯蓄方法をいくつか紹介していきます。毎日財布の中身を見て、入れる金額を決められるので無理なく貯金できます。画用紙などに「1」から「365」までの数字を記入します。1日には1円入れて、2日には2円入れて、毎日1円ずつ増やしていき31日には31円入れます。


大晦日

500円が財布にしょっちゅう入っていることはあまりないため、買い物をしたときにお釣りが500円になるように計算して出すようにしてかなければなかなか貯まらないかもしれません。かなり有名な貯蓄方法です。給料日の前日に残っているお金を全て貯金するという方法です。ウィンドウショッピングをしていて、ネットショップを見ていて、欲しいと思った服やかばんなどがあったとします。感動するくらい貯まっていることがあるので、うれしくなります。 5つ目は「激安貯金箱」です。あるいはちょっと喫茶店によってケーキセットを食べようと思ったとか、レストランでおいしいランチを食べようと思ったけれど食べずに帰ってきたとします。財布の中に500円があるときは、必ず貯金箱にその500円を入れるようにします。例えば、普段は158円で卵を買っているのに、今日は安売りしていて98円で買えたというときに差額の60円を貯金するというものです。7つ目は「買ったつもり貯金」です。 6つ目は「給料日の前日貯金」です。貯金箱を使った貯蓄方法の4つ目は、「500円玉貯金」です。これもよく聞く有名な方法です。これは激安で買い物ができて得したときにその得分を貯金するという方法です。 毎年元旦や大晦日など決まった日に開けるようにすると、1年かけて貯まったお金を見るのが楽しみになります。しかしその誘惑に耐えて買わなかったとき、食べなかったとき、買ったつもり、食べたつもりになってその金額を貯金箱に入れるという方法です。得したときに気分よく入れられるので、気持ち良く貯金しやすいと思います。お札でも小銭でも関係なく全て貯金します。


削減

一般家庭において家全体で1万円ほどの電気代になると思います。こうしたちょっとした工夫でかなりの節電につながります。電化製品を使うには電気が必要不可欠です。家の中を見ると様々な電化製品があります。貯蓄方法の1つとして電化製品にも気を配ってみるといいと思います。 多少の差はありますが、努力次第で1年で5,000円ほど節電して貯蓄することができます。次によく電気を使うものは「エアコン」です。冷蔵庫の中に食品を入れすぎないこと。電化製品でする貯蓄方法を教えます。さらに最近よくテレビでも紹介されていますが、冷蔵庫用のカーテンをつけることで、冷気が外に逃げないようにすることができます。 冷蔵庫は常時通電していますから、電気の無駄を削減することは難しいように思いますができることはあるのです。この電気代をできる限り削減して、貯金にまわせる貯蓄方法があります。また冷蔵庫は日陰になる場所に設置するとか、調理済の料理を入れるときにはできる限り冷ましてから入れるようにするとかなどの方法も有効です。この2つを実践すれば電気料金を節約できます。部屋の照明や冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、エアコン、ビデオ、洗濯機など数多くの電気を使って生活しています。 電気を一番使うものの1つに「冷蔵庫」があります。エアコンはフィルターを定期的に掃除することで冷暖房の効率が良くなるためかなり節電することができて貯蓄にまわせます。冷蔵庫の扉を開け閉めする回数を極力減らすこと。暑い夏にも寒い冬にも欠かすことができない電化製品です。日々の暮らしの中で節約していくことで貯蓄につながるのはとてもいい方法ですが、毎日使っている照明など電気の使用量を減らすことでできる貯蓄方法もあります。

相互リンク