移動する場所で待つ事

搭乗口がバス移動の場合も同様で、移動する場所で待つ事になります。次に「手荷物検査」ですが、手続きが済み出発ロビーに入る際に行う検査で、所持品や身に着けている物に危険物が無いかどうかを金属探知機を通って検査します。機内に乗り込んだら指定された席に行き、上の荷物を入れる場所に手荷物を収納します。もし現金をたくさん持っていたり、高額すぎるアクセサリーを身に着けている場合は税関での手続きが必要になります。最後に「到着」です。 国際線の飛行機に乗る方のみ行う手続きですが、ここではパスポート、航空券を用意した上で出国審査をします。次に「出国手続き」です。そこでここでは飛行機の乗り方について挙げてみたいと思います。次に「荷物」ですが、機内持ち込みが出来ない荷物について貨物室に預ける手続きを手荷物カウンターに行って行います。座席指定や支払等もここで済ませます。 全ての手続きが終わったら、自身が乗る飛行機の搭乗口に行ってその前に有るイス等で搭乗まで待つ事になります。座席に座ったらシートベルトをして出発を待ちましょう。次に「搭乗待ち」です。次に「搭乗」です。 目的地に到着し飛行機を降りたら手荷物引き渡し場に行って預けた荷物を受け取ってください。旅客カウンターまたは自動チェックイン機でも良いのですが、空港に着いたらここでチェックインをします。飛行機って乗っている人は良いけれども、あまり乗らない人っていざ乗ろうとするとどうしていいか乗り方が分からなくてドキドキしてしまいますよね。先ずは「チェックイン」です。


チェックイン

もしインターネットで事前に座席指定をしていたり、代金が支払済みの場合は必ずしもチェックインや手続きをする必要が有りませんので、各旅行会社から来ている資料をお読みになっていただければいいと思います。こうしたチェックインや手続き方法は航空会社ごとに違いますので実際に行ってみなければ分からないと言う事が多いと思いますが、こうした手続きが必要だという事は覚えておきましょう。 手続きが必要になる方は、予約だけをしていて席をしていない方、予約だけしておいて支払いがまだの方、便指定が無い航空券(オープンチケット)を持っている方については従来通り手続きが必要になりますのでカウンターに行ってチェックインをしましょう。その他にもチェックインや手続きが必要な方と行ったら、機内持ち込みが出来ない手荷物を預ける方、小さいお子さんを連れた方、妊娠中の方、怪我をされている方、ご病気の方等、各種サービスや各種サポートを受けたいと言う方はその手続きが必要になりますのでカウンターで手続きをしてください。 飛行機の乗り方が分からない方は是非参考にしてみてください。また旅行会社からの資料に「空港に着いたらここへ行ってください」等と書いてあると思いますので、先ずはそこに行って手続きをする様にしてください。 空港に着いて先ず最初に行う事は「チェックイン」や色々な手続きになります。「チェックイン」に関する飛行機の乗り方について挙げてみたいと思います。


飛行機

不安な点も多いかと思いますが、飛行機の乗り方として覚えておきましょう。大丈夫な物であれば良いですが、検査員がダメだと判断した場合、そこで放棄するか自宅に送り返すかの選択になります。機内に持ち込み出来ない手荷物を貨物室に預けなければいけません。この場合、手荷物カウンターに行って預ける事になります。 もしも機内に預けられない制限された物が有った場合には、それをカバンから取り出して見せなければなりません。この検査器に預ける荷物を入れ、検査員が中身に制限されている物が無いかどうかを確認します。そこには大きなX線検査器と荷物を検査する人がいます。放棄する場合には検査員に提出するか、用意されている小箱に放棄する様にしましょう。 現金や貴重品、カメラ等の壊れやすい物は機内持ち込みにする様に抜いておきましょう。検査自体に何の問題もない場合は、受付の手続きをします。「手荷物を預ける」事も飛行機の乗り方では必要な手続きとなります。検査に何も引っ掛からない場合は荷物の受付手続きに航空会社の人が回します。 大抵の空港ではチェックインカウンターに隣接する形で手荷物受付カウンターが有 ります。全て終わると機内持ち込み手荷物として預けます。飛行機に乗る方には控 えの番号札が渡されますので、手荷物を受けとるまで大切に持っておいてください 。何がダメで何が良いのか、判断に困る様であれば事前に航空会社に連絡して聞い て確認しておく様にしましょう。何事もしっかり事前に対応していれば、後で 急に困ることはありません。ありとあらえるトラブルを想定して準備をしていきましょう。

相互リンク