飛行機の乗り方

日本の消費税5%を支払う必要が無く買い物が出来る様になっていますが、5%位程度であればそんなに値段的に変わらないので特別安いと言うイメージは無いかもしれません。但しタバコやお酒に関してはかなり税金が付加されている物ですので、結構安く購入する事が出来る様です。そしてレストランやカフェ等もあり、ここでも5%の消費税が不要でご利用出来ます。 出国審査や手荷物検査等が終了したらその場でセキュリティエリアと呼ばれるエリアに入り、出国するまでそこの中にいなくてはならなくなります。この様に色々な施設がセキュリティエリア内には有りますので、利用出来る場所で利用して飛行機に乗るまでの時間をゆっくり過ごしましょう。更に利用者が限定されますが、ファーストクラス利用者、マイレージクラブの特別会員と言った方達が利用できるラウンジが有ります。 飛行機の乗り方もたくさん有りますが、そんなセキュリティエリアでの行動の仕方も飛行機の乗り方の1つだと思いますので挙げてみたいと思います。そんなセキュリティエリアには色んな施設が有りますので退屈はしないかと思います。ここでは食事が提供されていたり、シャワーが完備されていたりする等、一般搭乗者の方が利用する物とはちょっと違ったハイクラスの施設となっています。 セキュリティエリアは出国に関する色々な手続きや検査が終了し、飛行機の乗り込むまでいなければならないエリアとなっています。その中に免税店が有ります。


危険物

機内に持ち込む手荷物、貨物に預ける手荷物のどちらに関しても事故やテロを防止すると言う意味合いもあって、危険物にあたる荷物には航空法によって規制が設けられています。預ける事が出来る荷物も少なからずあるのです。特に行く時は良いのですが、帰国時に海外旅行に行くとたくさんのお土産を買って帰ってくる人が多いですよね。飛行機の乗り方はたくさんありますが、荷物は大切な物ですのできちんと把握しておく様にしましょう。 危険物以外の荷物については大きさ、重さ、数によって制限が有ってその都度変わってきます。何が危険物でどの位預けて良いかは乗る前に各航空会社のホームページを見て調べておくと良いでしょう。そうした場合重量オーバーにならない様に注意しましょう。 危険物が全て持ち込み不可と言う事ではありません。この超過料金は航空会社によって違いますし、1kg超えただけでも結構高い超過料金を支払わなければなりませんので、荷物が多い人は意識をしておいた方が良いと思います。更にゴルフバックやスキー板等を預ける場合も重さに注意しましょう。 「荷物の預け入れ」については飛行機の乗り方として知っておいて欲しい項目になります。重さと個数で制限以上になってしまった場合はEMS等の宅急便を使って郵送すると言う手も有りますので調べてみると良いでしょう。大きさ、重さ、数が制限以上になった場合、超過料金を支払う事で預かってくれる航空会社も多いですので聞いてみると良いでしょう。


航空法

荷物を飛行機内に持ち込む際の乗り方ですが、航空法と言う法律に基づいて制限がされていますのでそれに準ずる形になります。こうした事を受けて日本国内の航空会社では規定を統一させ、お客さまも航空会社側もスムーズに出来る様にしたのです。こうした事態は利用するお客様を混乱させたり、トラブルを引き起こしたりする原因にもなりましたし、結果的に出発の時刻が遅れてしまうなんて事もあったそうです。 日本では2009年12月以降、各航空会社で統一した制限を持たせていて、荷物の大きさ、重さ、数に関してはどこも同じ設定になっています。そして機内に持ち込む荷物の中身についてですが、ナイフやバットの様に凶器とみなされる物は持ち込み出来ない様になっています。こうした事を踏まえて飛行機の乗り方には気を付ける必要が有ります。 特に液体に関しては結構厳しい制限が用いられていますので、必要じゃなければ貨物の方に入れる等して、機内持ち込みは控える様にしましょう。その為に行く時は機内持ち込みが出来たのに、帰りは出来ないと言う事もしばしば有ったのです。最初に何が持ち込み可能で何が不可能かを予め調べておくと便利ですよ。 今までは各航空会社において機内持ち込みをする手荷物は大きさの制限がバラバラでした。また過去のハイジャックやテロ事件を受けて可燃性の液体や高圧ガスは機内持ち込み不可となっています。カッターなんかは凶器に使わないから大丈夫でしょと言われる方もいますが、それは航空会社では判断しきれませんので凶器にもなりえる物としてみなされます。

相互リンク