払い戻し

急に用事が出来て移動しようと思っていた時間に移動出来ず、もしかしたら飛行機に乗れないかもしれないと焦る事も有るかと思います。こうした手数料に関しては各航空会社で設定が違いますので、万が一の場合に備えて事前に確認しておくと良いでしょう。ここで注意して欲しいのがツアー旅行等、決められた割引制度を利用して航空券を取っている場合です。 最悪乗り遅れてしまった場合には予約センターにおいても何も対処が出来ませんし、取り消し手数料も発生する事になりますので注意して下さい。乗り方さえ知っていれば対処する事が出来ますので是非覚えておくと良いでしょう。更に払戻手数料と言うのも発生する事も有りますので注意して下さい。 変更可能な物も有りますが、変更不可と言う場合も有りますのでこの場合は払い戻しをするか、旅行会社に連絡をしてどういう対処をしてくれるのか確認した方が良いでしょう。そんな時の飛行機への乗り方ってどうすればいいのでしょうか。この場合、最悪は払い戻し自体が出来ないと言う事も充分に有り得ますので予約の際にきちんと確認しておく事をオススメします。 連絡もせずに時間に間に合わなかった場合は残念ですが取り消しも変更も出来ませんので払い戻しも出来なくなってしまいます。飛行機に間に合うか間に合わないか分からない、微妙な時間帯だと言う様な場合は飛行機の出発時間の前に航空会社に連絡をしましょう。そこで変更や取り消しの連絡を入れておくと良いでしょう。


出発地

悪天候は誰のせいでもないのでイライラする気持ちも分かりますが、こうした検討がされた上で運航するかどうかが判断されている事を覚えておきましょう。ここでは天候が悪い場合の飛行機の乗り方について挙げてみたいと思います。こうした事を考慮した上で運航出来るかどうかが決まっていくのです。 いざ飛行機に乗ろうと言う日、目的地の天気が悪かったらどうなってしまうのでしょうか。飛行機の乗り方ではこうした分からなくて不安な事もあると思います。運航をしたとしても場合によっては目的地付近の空港に着陸する事になるかもしれませんし、ダメなら出発空港に戻る条件をつけられるかもしれません。 目的地の天気が悪い場合ですが、出発空港において「天候調査中」と言う様な掲示がされたり、出発自体が見合せになったり、遅れたりと言う事が有ります。でも航空会社がしている天候調査では気象状態がどうこうと言うよりは、着陸先の気象状態がどうなのかと言う所にポイントをあてて着陸出来るかどうかを推測しているのです。でも待っている人は何で調査に時間がかかるんだとか、行ってみたら良いだろうがとか簡単に思うかもしれませんね。 いくら出発地の天候が良くても目的地の天候が大雪だったり、台風で強風だったりしたら視界が妨げられてしまって着陸が出来ないと言う自体になってしまうからです。全ては航空会社の規定と機長の判断に委ねられると言っても良いでしょう。天候次第では自分が乗っていた便はダメでも次の便は大丈夫と言う事も有り得ます。


払い戻し

航空券の払い戻しをする場合ですが、払い戻し期限と言うのが各航空会社毎に決められていますので、その期限内に旅客カウンターに行って払い戻しの手続きをしてください。そんな時、もう飛行機に乗れないのかと一瞬暗くなってしまいますよね。この場合二重で航空券を購入した形になるのですが、購入する時に忘れずに「二重購入証明書」と言うのを発行してもらってください。 航空券を忘れてきてしまった場合の飛行機の乗り方について挙げてみたいと思います。この証明書が有る事で後日払い戻しが出来る様になります。そんな時の飛行機の乗り方はどうすれば良いのでしょうか。 お家に航空券を忘れてきてしまって空港で忘れた事に気付いてしまうと言った事はよくあると思います。払い戻しの際に必要な物は、代替航空券の購入時に発行された「二重購入証明書」、そもそも忘れてきてしまった最初の「航空券」、もしもクレジットカードで代替航空券を購入された場合には、利用した「クレジットカード」を持参して旅客カウンターに行きましょう。 家には航空券が有るのだけれど、と言う様に予約はきちんと取っていて航空券だけを忘れてきてしまった場合は、空港で「代替航空券」と言うのを扱っていますので、それを使って再度航空券を購入してください。この際、購入した時全ての金額が戻ってくるのですが、手数料が代替航空券の運賃によって定められていますので、この分差し引かれて戻ってくる事になりますので注意してください。

相互リンク