保険の種目

保険の種目の主なものとしては、終身保険や医療保険、養老保険やがん保険などがあります。身の丈に合わないプランによって、毎月の支出が家計の負担になっている人がたくさんいると思います。その中から自分にぴったりなものを無駄なく選ばなければいけません。生活ステージが変わるとき、保険を再検討してみるといいと思います。生命保険はもしものときに備えて、安定した生活を確保するために加入するもので様々なプランがあります。 生命保険に必要以上にお金を支払っていては貯金することは難しくなってしまうと思います。生命保険の無駄をカットして年間に何万円も節約できるケースもあります。生命保険の中身を今まであまり見直してこなかった人や、子どもができたとか、子どもが成長して大きくなってきたなどライフスタイルが変われば当然保険内容も変わってくるというものです。それぞれが個々の保険商品で、契約内容には違いがあります。 無料で生命保険の見直しをサービスで行っている会社があります。専門用語などを並びたてられて外交員の言う通りにすべて生命保険に加入してしまうと、毎月高額な保険料を支払うことになります。そんなときには保険の見直しをするといいと思います。生命保険に見直しによってお金を導き出すという貯蓄方法です。 ショッピングセンターなどに店舗を構えている会社もあり、買い物ついでに気軽に相談できるようになっています。毎月支払う生命保険を見直すことも、家計を見直して貯金につなげることができる有効な貯蓄方法です。まだまだ20代の若さで扶養者もいないのに意味もなく高額な死亡保険に入らされたりしている人も数多くいます。保障期間や保障金額、加入要件などをきちんと確認してから加入するようにしてください。


お得感

モニターになって指定されたレストランで食事をしたり、エステサロンや美容院などできれいになったりしながら感想を述べると飲食代や美容代などが無料になるというものです。ちょっとした謝礼をくれたり、無料で商品をくれたり、ネット上で利用できるポイントを付与してくれたりします。当たり前のようですが、収入を増やすという貯蓄方法があります。予想以上に高額で売れることもありますから、ゴミとして処分する前に一度出品してみるといいと思います。 食事代が浮いて、美容院に行くお金が浮き、その分のお金を貯金できます。しかし給料以外の方法で家計に入るお金を増やす方法があるのです。最近はインターネット上などでアンケート調査がたくさん実施されています。景気が低迷して給料も下がっている世の中で、収入を増やすのはとても難しいことだと思います。 いらないものはゴミになってしまうより売れればリサイクルできるため環境にもやさしいです。こうした方法で最近人気となっているのが「モニター」です。こうした謝礼を貯めていくことで収入を多少なりとも増やすことができて貯金することができるという貯蓄方法です。他にもいらなくなったものを、ネットオークションやフリーマーケットなどで売ってそのお金を貯金するという貯蓄方法もあります。 お得感いっぱいのため登録者数が激増しています。購入した商品の使い心地など感想をアンケートに記入することによって、500円や1,000円程度の現金あるいは商品券、図書カード、グルメ券などがもらえます。家でいらないものがお金になり、物が減って部屋がきれいに片付いて、一石二鳥です。


支出

水道料金を抑えることで家計の支出を減らすことができて貯金を増やせるという貯蓄方法を実践してみましょう。お住まいの自治体に問い合わせしてみてください。水道料金を抑えるには、蛇口から出る水の量自体を減らすことがポイントです。そういった便利グッズもいくつかあります。 水資源が豊富な環境であること、きれい好きな性格もあってか世界でも4位の水消費国です。いまよりも水を節約しようと思えばかなりできると思います。全世界の平均が1人あたり165リットルらしいので、日本人の使用量はかなり多いことがわかります。地方自治体によってはこの「節水コマ」を無料配布しているところがあるそうです。 歯磨きのときにはコップを使い、顔を洗うときには洗面器を置くようにすると節水することができます。貯蓄を増やすことができて、環境保護にもなることなのでぜひ実践してみてください。顔を洗うときや歯を磨くときなどもつい蛇口を開いたままにしてしまいがちです。家の中での水道利用は、炊事に洗濯にお風呂と、1人あたり平均して320リットル使用しているそうです。 水道料金を見直すことで節約をしてその分を貯金するという貯蓄方法もあります。まずは手を洗うときや入浴中など、水を出しっぱなしにしてしまう習慣がある人は直してください。「節水コマ」をセットして、1ヶ月で1,000円以上も水道料金を減らせた人もいるそうです。節水することで、生活廃水を減らすことにもなるため、環境にもいいです。

相互リンク