エンジン式草刈り機

最後に「エンジン式草刈り機」についてです。しかし、充電ですので作業できる時間は短めな点がデメリットと言えます。また、エンジン式のものと比べるとパワーは劣ります。それが「電動式草刈り機」、「充電式草刈り機」、「エンジン式草刈り機」です。また排気ガスも出ないですし音も静かです。

最近ではエンジン式のものと変わらないほどのパワーを持つ草刈り機も登場してきましたが、一般的な充電式と比べるととても高価なものになっています。電動式のメリットは騒音が少なくて済むこと、軽量装備なこと、操作が他のものと比べて簡単であることが挙げられます。しかし、電動式ですので充電や燃料などは必要ありませんが、電力によりますので電源コードが邪魔といったデメリットはあります。草刈り機と一言にいっても、いろんなタイプのものが、現在では出ています。次に「充電式草刈り機」についてです。

草刈り機を、動力の違い別に分類すると、次の3種類に分けることができます。これらの草刈り機はそれぞれメリット、デメリットがありますので、ご自分に合った草刈り機を探しましょう。まず「電動式草刈り機」についてです。ここでは、草刈り機の種類を、「動力」の違いから説明していきます。そのため、家庭用に使用する場合など、手軽に使いたい方や女性向きといえるでしょう。

パワーを重視するのか、使いやすさを追求するかによって変わってきます。こちらは充電しなくてはならないという点では面倒はありますが、電源コードがないので使用時には便利で作業はしやすいでしょう。男性が使用する場合や、パワーを重視したい方向けといえるでしょう。こちらはパワーもありコードも必要ありませんので作業がしやすい点がメリットですが、騒音がうるさい、排気ガスが出るというデメリットがあります。そこで、そのたくさん出回っている草刈り機の違いを、分類別に見ていこうと思います。


4サイクルと比べて安価

始動する時には閉める、始動した後には開くにしてください。また、4サイクルと比べて安価です。それでは、一般的な2サイクルエンジンのかけ方について最後に説明します。一方4サイクルエンジンは環境に優しいものが多く、排気ガスがクリーンです。これは燃料が燃料戻りパイプから燃料タンクへ戻るまで行います。

燃料はガソリンを使用しており、混合油は使用できません。前回は草刈り機を動力別に見ていきましたが、ここでは中でも「エンジン式草刈り機」について、さらに詳しく説明していきます。ちなみにこのチョークというのは燃料を燃えやすくするためのものです。そして草刈り機本体をしっかり押さえ、スタータグリップを数回ひき、エンジンをかけます。2サイクルエンジンはごく一般的なタイプで燃料は混合油です。

チョークレバーがついている草刈り機の場合は、閉めるの位置にしてください。次にスロットルレバーを低速にしましょう。それは「2サイクル」(2ストローク)と「4サイクル」(4ストローク)の草刈り機です。まず、トップスイッチのついている草刈り機の場合はスイッチを始動位置にします。また、2サイクルのものと比べて燃費がいいという違いがあります。

再度スタータグリップを引っ張れば、エンジンが簡単に作動します。次にプライマリーポ ンプを数回押し、ガソリンを気化器に送ります。エンジンが作動する爆発音がしたら、先 ほど説明したチョークレバーを開くにしてください。というのも、このエンジン式草刈り 機は、さらに2種類に分かれます。どちらのエンジン式草刈り機を使うかは、どのような 状況に自分がいるかによって変わりますので、機械の性能などを良く確認しましょう。

相互リンク