不動産投資

投資にもいろんな方法があります。近年、投資物件としてマンションを購入して利用している人が多くなっています。失敗すると貯蓄どころか借金を背負うことにもなりかねません。貯蓄方法としてはコツコツと毎月預金だけをしているよりも、貯蓄のスピードアップ効果が期待できる有効な手段だと言えます。日本の為替より金利が高いので利益を得ることができるのです。 マンションを購入して他の人に貸すというのも不動産投資になります。金融商品では、外国為替に投資するのが人気です。取引によっては手数料が高額なものもあります。そこまではいかなくても投資によって思わぬ大金を手に入れることができれば、一気に貯蓄を増やすことができるチャンスがあるのです。不動産投資というのは、土地や建物を利用して行う方法です。 投資をする際には、きちんと情報収集をしてよく知った上で始めるようにしてください。投資で成功して大金持ちになった人もいます。しかし大きく見返りが期待できる反面、リスクも大きいため注意しなければいけません。不動産や金融商品に投資する人が多いようです。 市場の状況によって差損が生じてしまうこともありますし、元本を保証しないものもたくさんあります。生活資金に余裕がある人の場合、投資をするという貯蓄方法をしている人がいます。他にも株式投資などがあります。こういった投資をすることで、元手が何倍もの金額になって戻ってくる可能性があるため夢を見る人も多いのです。


交際

3つ目の貯金用口座は、入金だけをする口座。2つ目の交際費用口座は、遊びに行ったり飲みに行ったり、服を買ったり、家電や家具、雑貨などを買ったりするための口座です。それは銀行口座を3つ持って利用する方法です。この口座では家賃やカード利用分、公共料金など絶対に引き落としされるというお金を管理するために使います。1つ目の生活費用の口座は、入金用と家賃や水道光熱費などの公共料金の支払い用として使います。 月々の支払い総額を計算しておき、引き落とし予定の金額を口座に残しておかなければいけません。生活費だけ引き出して手元においておいても大丈夫です。節約しながらできる貯蓄方法があります。毎月交際費にまわせる分のお金を計算して、入金しておく必要があります。 同じく交際費用の口座でお金が残った場合にもすぐに貯金用口座へ入金します。このようにして銀行口座を使い分けるのがこの貯蓄方法のポイントです。決して貯金用口座からは引き出さないと決めておけば、結構貯蓄できると思います。1ヶ月間生活をしてみて生活費用の口座でお金が残った場合、すぐに貯金用口座へ入金します。 残ったお金の中から1ヶ月分の生活費を計算して口座に入れておきます。1つを「生活費用」の口座として、もう1つを「交際費用」の口座として、あと1つを「貯金用」の口座とするのです。この口座の残金が0円になったら、これ以上は買わないと決めておくことです。絶対に引き出さないと決めてください。


封筒

封筒から出してお金を使ったら、そのレシートを必ずもらって封筒の中にいれておいてください。しかし他の封筒だけでうまくお金を使うことができた場合、「その他」の中にはお金がいくらか残っていることになります。封筒に入っている範囲内で買い物をするようにしてください。用意するものは「封筒」だけです。複数枚の封筒を用意してそれぞれに見出しをつけていきます。 買い物が好きだからつい無駄使いをしてしまってなかなか貯金が貯まらないとか、今月給料をもらっても来月の給料日までもたないといった人にもおすすめの貯蓄方法です。そして「その他」に入れたお金は万が一のときに使う分のお金です。いくら使ったか把握するためと、翌月に再計算する際に必要だからです。このお金をそのまま貯蓄にまわします。 簡単にできる貯蓄方法として有名なのが「封筒」を使う貯蓄方法です。自然と節約にもつながります。封筒には必ず入れた金額を記入してください。「食費」とか「娯楽」とか「お小遣い」、「家賃」、「通信費」、「たばこ」、「その他」など自分で好きな見出しをつけていってください。 例え数千円と少ない金額でも、毎月続けていれば意外に貯まっていくものです。それぞれ必要なお金を考えて封筒の中にお金を分けていれていきます。最初はついお金が足らなくなってしまい困ることもありますが、慣れてくればそのものが必要か不必要か考えられるようになります。効果絶大で、テレビなどでもよく紹介されています。

相互リンク