X線検査器で検査

チケットはカウンターで渡されたチケット、または携帯電話等、チケットとして扱える物になります。結婚指輪とかちょっとした物であれば身につけたままでも大丈夫だと思います。「保安検査」について挙げてみたいと思います。そこで飛行機の乗り方の中でも「保安検査」について挙げてみますので参考にしてみてください。 先ずは飛行機のチケットを用意します。液体は液体検査機で別に調べられる事になります。そして金属探知機の枠が有りますので、そこを通り検査を受けます。その他にも携帯電話なら良いですが、パソコンやタブレット類はカバンから出してアクセサリー等と同じ様にX線検査機で別に調べる形になります。 トレイはトレイでX線検査器で検査される事になります。これを警備員に見せるか、バーコードやICカードを読み取り機にかざし、搭乗者である事が確認されます。この時、アクセサリー等の貴金属、金具が大きいベルト等は外して機械の脇にあるトレイに乗せます。カバンの中にもし中身が入ったペットボトルが有れば、それはカバンの外に出しましょう。 出発ロビーを経て搭乗待合室に行く際、ご自身が持っている手荷物と身に付けている所持品が機内に持ち込めるかどうかの検査をしなくてはなりません。こうした検査を経てやっと搭乗待合室に行けるのです。搭乗待合室近辺は「クリーンエリア」と言う事になり、より一層厳しい保安体制区画となります。飛行機に乗りなれていない方は、どんな乗り方をしたら良いのかドキドキしてしまいますよね。


税関

現在は成田、羽田、中部国際、関西国際等に設置されている様です。この手続きは現物だけじゃなくて100万円以上もの現金やトラベラーズチェックに関しても同様になります。【出国審査】パスポートと航空券と本人で出国に関する審査が行われます。既に「自動化ゲート」が設置されている空港も有り、利用登録を事前に済ませておくとパスポートと指紋だけで簡単に審査が出来てしまう様になってます。 海外に行きなれていない方は、どんな飛行機の乗り方なのかいまいち分かりませんよね。これは帰国時に海外で購入した物ではないと言う証明になりますので、帰国時まで大切に保管しておきましょう。そこで海外に行く方の為に飛行機の乗り方の中でも「出国手続き」について挙げてみますので参考にしてみてください。「出国手続き」について挙げてみたいと思います。 税関手続きについては全員やるのではなく、必要な方のみ行う事となっています。ただし自動化ゲートを利用すると、パスポートに出国のスタンプが押されませんので、記念にスタンプが欲しいと言う方は自動化ゲートを通る際に職員にお願いをしましょう。【税関】外国に高価な物を持って出国する場合、「外国製品の持ち出し届け」と言う物を記入し、現物と一緒に承認してもらう必要が有ります。 行われる内容は出国審査と税関手続きになります。出国手続きは海外に行かれる方のみ行われていますが、保安検査終了後、日本を出国する為の手続きをしなくてはなりません。利用登録に関しては空港でも当日でも出来ます。


搭乗口

「搭乗口での待機」について挙げてみたいと思います。保安検査と海外ならば出国審査が終了したならば、後は飛行機に乗り込むのを待つだけです。空港が大きい場合は、飛行機の搭乗口までバスで移動する事も有ります。 飛行機に全員が乗り込み、荷物を収納し、シートベルトを絞め、客室乗務員が確認作業を行い、アズケタ荷物を全部貨物室に積み込み、管制室からOKと判断されて始めて出発ができ、それを出発時刻までに終了させなくてはならないと言う事なのです。飛行機の搭乗時間は事前に案内してくれると思いますが、飛行機は電車やバスと違って出発時刻までに飛行機に乗り込めば良いと言う訳ではありませんので勘違いしない様にしてください。そこで飛行機の乗り方の中でも「搭乗口での待機」について挙げてみますので参考にしてみてください。 飛行機に乗ろうとした際、どうやって乗って良いのか乗り方については困りますよね。ですから出発時刻の何十分か前には搭乗が終了してしまうと言う事を頭に入れておきましょう。こうなると搭乗時間が早まると思いますので、時間には余裕を持っておかなくてはなりません。 乗る飛行機に指定された搭乗口が有りますので、その前で搭乗開始のアナウンスがかかるまで座って待機していてください。もし待機中に食事や買い物をしていて搭乗時間に間に合わなかった場合、アナウンスされる事も有りますが、キャンセル扱いになる可能性も有りますので充分に注意してください。

相互リンク