病気や怪我をしている方

病気や怪我をしていて飛行機に乗らなければならなくなった際、座席に座れない場合どうやって乗ったら良いのか心配ですよねこうした場合は簡易式のベッド(ストレッチャー)が飛行機に設置出来ます。また本人だけじゃなくて付き添いが必要な場合も有りますので事前に相談しておくと良いでしょう。もちろん全てに対して搭乗OKと言う訳では有りません。 但しこうした設備を利用する場合、医師の診断書や同意書が必要になる場合が有ります。また予約が必要になる事もありますので各航空会社に確認しておいた方が良いですね。また医療機器も必要に応じて機内への持ち込みが可能となります。 病気や怪我をしている方が飛行機に乗る際には、乗り方に注意をしなくてはなりません。場合によっては搭乗を拒否される事も有りますので、事前にきちんと連絡をして登場する旨、設備を使用する旨を伝えておきましょう。また医療機器の機内への持ち込みや使用については事前に連絡しておく必要が有りますので忘れない様にしましょう。 どんな注意点が有るのか飛行機の乗り方について挙げてみたいと思います。その他にも飛行機の中には万が一の時に備えてAED、頭痛・腹痛などの市販薬、医師が使える医療品等が常備されていますので、利用時には客室乗務員に申し入れてみて下さい。またストレッチャー程大袈裟な物は要りませんが、車椅子で乗りたいと言う場合も、飛行機の通路に合わせた車椅子が用意されていますので利用できます。


車椅子

ご自身の車椅子は搭乗口で貨物として預ける事になりますので注意して下さい。また状態によっては医師の診断書や同意書、付き添いが必要になる事が有りますので、身体の不自由な方が飛行機に乗られる際にはどんな場合でも一度航空会社に連絡しておくと当日慌てなくて済んで安心だと思います。こうしたストレッチャーを利用する場合は事前の申請が必要なのと、料金が別途必要になりますので注意して下さい。 お身体が不自由な方は飛行機への乗り方について不安を覚える方が多いと思いますが、航空会社では身体が不自由な方達にも快適に乗って頂ける様にサポート体制がしっかりしていますので相談してみると良いと思います。また電動車椅子の場合はバッテリーの取り扱いにも注意する必要が有ります。この時国際線に搭乗する場合は動物の輸出入の検疫が必要になりますので忘れない様に手続きして下さい。 身体が不自由な方の飛行機への乗り方についてですが、病気や怪我をしている方の乗り方と同じ様に、座席に座るのが困難であればストレッチャーを事前に利用申請をして置いて設置してもらう事が出来ます。そして盲目の方で盲導犬や聴導犬を連れている方は機内に同乗出来ます。また予約する際には航空会社によって期限が設けられている事も有りますので事前に確認しておきましょう。 また搭乗口から機内のストレッチャーの所まで移動するには機内の通路の幅に合わせた車椅子が有りますので、そちらを利用して乗りこむ事になります。


貨物

貨物扱いとして預ける事になります。基本的にはペットは搭乗者と一緒のフロアには入ってはいけません。犬や猫を飼っている方にとってペットは大切な家族の一員ですよね。そこでペットと一緒に旅行が出来る様に、ペットの飛行機の乗り方について挙げてみたいと思います。 一緒に旅行に行きたいと言う事も有るでしょう。規制はもちろん有って、犬であればケージ1つに入る事が出来る大きさの犬、猫は1匹だけとなっています。ペットと一緒の飛行機の乗り方ってどうすれば良いのか悩んでしまいますよね。ケージは飛行機に乗せられるタイプの物が市販されていますのでそれを利用するか、航空会社で貸し出しをしていますのでそれを利用するかのどちらかになります。 国内線では手続きが不要ですが、国際線に乗る場合には動物の輸出入に関する手続きと検疫が必要になりますので注意して下さい。また同じ犬でも乗せられる犬種と乗せられない犬種が有りますので、この点も確認しておく様にしましょう。一緒にペットと旅行する為には貨物扱いされるのはちょっとと言う方もいますが、一緒に旅行先で楽しむ為にも飛行機の乗り方として覚えておきましょう。 渡航先の国によって手続き方法が違いますので、渡航先の検疫所や大使館に連絡して事前に書類を準備しておくと慌てなくて済みます。ペットを預ける際には、普通の荷物を預けるのと違って時間がかかると認識しておきましょう。持ち込みの際には簡単に壊れて逃げ出せない様に鍵がかけられるタイプの物になります。

相互リンク