国債の購入

国債の購入を検討している人は、地方債についても検討してみるといいと思います。設定時における金利を比較すると5年固定金利型の方が高めですが、金利が上昇している局面においては10年変動金利型の方がお得だと思います。国債には2種類あって、発行されてから半年ごとに金利の見直しがある「10年変動金利型」、発行されたときの金利が満期まで適用となる「5年固定金利型」に分かれます。金利も一般的な銀行より高めなので、利用するとお得です。 国債の募集は、年に4回あって3月、6月、9月、12月となっています。しかし満期前に中途解約してしまうと、ペナルティとして調整金を支払わなければならなくなり、元本割れする可能性がありますから注意してください。「公社債」とは個人向けの国債とか地方債のことで、国や県や市町村などが発行している公社債を利用した貯蓄方法です。最低の購入金額は1万円からとなっていて、手軽に購入することができます。 どちらも元本と利息の返済について保証のあることが魅力です。発行している地方公共団体によって利率は違いますが、国債よりも高めに設定されていることが多いです。地方公共団体が発行している債権は、地方債と言います。 まとまったお金を持っている人、低リスクで資産運用をしたい人におすすめの貯蓄方法です。国債とは国が発行している債券で、安全性が高くて信頼性も高いのがメリットです。しかし発行している団体の財政状況によってはリスクが国債よりも高いため注意してください。


天引き

自分が地道に貯めてきたお金で、目的を持って投資を行いお金を貯めるのです。これは無理しない程度でお金を貯めることができるという貯蓄方法のことです。そして臨時収入があった場合には、そのお金は全額貯蓄に回します。例えば毎月の収入が手取り20万円の場合、4分の1つまり5万円を貯蓄するのです。 4分の1貯蓄法のメリットは、無理なくそこそこ貯蓄できるというところです。言葉の通り、毎月の収入の4分の1にあたる金額を貯蓄に回す方法です。有名な学者が提唱した貯蓄方法らしく、一般家庭の平均収入と平均支出から計算して貯蓄率がおよそ25%だったことから名づけられたそうです。給料が上がれば貯蓄額も徐々に上昇していき、給料が下がれば貯蓄額も下降していくわけです。 一定の金額を常に貯金していると、その金額を貯金できないときに挫折してしまいがちです。4分の1貯蓄法を唱えた学者は、堅実な生活を心掛けること、貯金するのは倹約のためではなく、投資のための基づくりであると言っていました。この貯蓄方法によってある程度の金額が貯まったら、それを元手に投資をするというものです。 4分の1を給与天引きなどにして強制的に貯金して、残りの4分の3で生活していきます。「4分の1貯蓄法」という言葉をご存知の方もいると思います。ところが一定率で行っていれば、お金がないときには少しだけ貯める、お金があるときには多めに貯めることができて無理なく貯められるというわけです。


CFD

簡単にできる取引なので、資金運用を検討している人や投資をしたい人、貯蓄方法の1つとして利用したいという人にもおすすめです。個人が行う投資として最近人気となっているのが「FX」と「CFD」です。「金」や「原油」、「債権」や「株式」などを投資対象として安く買ったものを、価格が高くなったときに売りに出してその差益を儲けるという方法です。投資対象は選ぶことができます。口座開設は無料でできます。 ネットさえあればどこででも稼ぐことができます。FXを始めるには、FX会社で口座を作る必要があります。「CFD」も同じく投資方法の1つです。ただしFX同様に取引額が大きければその分リスクも大きいので注意してください。FXは少ない金額からでもできる副業として注目を集めています。 口座開設は無料でできます。単純に言うと、相場が上がると思えば買って、上がったら売る、相場が下がると思えば売って、下がったら買うという仕組みです。FXとは、日本円とドルといったように通貨を売買することによってその差額を利益として得るものです。パソコンや携帯電話、スマートフォンなどを使い、ネットを通じて24時間いつでも取引することができます。現在日本には100社以上のFX会社がありますからその中から選んで口座を開設して取引を始めてください。 簡単にできる貯蓄方法ですが、危険もありますから、十分にFXについて知識を得てから始めるようにしてください。日本ではFXよりマイナーですが、海外ではFXよりも人気があります。好きな時間に取引ができて、少額からも始められるため、ネットでの副収入を得て貯める貯蓄方法として主婦などにも人気があります。FXと同じく口座を開設して始めます。

相互リンク